第36回こころのフェスティバル開催

  • 投稿日:

今年も日本精神科病院協会山形県支部主催(支部長:社会医療法人二本松会上山病院 江口拓也院長)のこころのフェスティバルが開催されました。

県内5会場での作品展の開催、霞城セントラルでの講演会の開催のほか、県内の「精神保健福祉資源マップ」を掲載したパンフレットを今年も作成し、会場および関係諸機関へお配りしました。

講演会では、北海道大学大学院医学部研究科児童思春期精神医学講座特任教授、齋藤卓弥先生より、「今どきの思春期世代を知ろう~こころから理解する思春期~」をテーマにお話しいただきました。当日は当事者、家族、一般の方も含めたくさんのご来場を頂き、先生の話に耳を傾けていました。

2016.11.11-1.JPG

1368_36回日本精神パンフレット8.2.pdf