menu
関連施設

重度認知症患者デイケアセンター あららぎの里

イメージ図主に認知症進行予防や支えておられる御家族の方のサポート施設として、2000年4月に開設されました。

徘徊が目立ったり、会話や行動面で「認知症では・・」と心を痛めておられる御家族の方、どうぞ御相談ください。外来での治療を含め私達スタッフがお手伝いいたします。

医療保険適応施設のため、介護度に関係なく御利用できます。医師による健康チェックを始め大きな風呂と個別にあたり、リハビリプログラムでお待ちしています。

バナー_あららぎ活動ブログ

対象者

利用の流れ

  1. かみのやま病院の外来受診
  2. あららぎの里の見学 申し込み時にも可
  3. 通所の申し込み
    • <必要なもの>
    • 健康保健証及び医療証 後期高齢者医療証
    • 自立支援医療証及び限度額管理票
    • 介護保険証
    • 印鑑
    • 現在服用中の薬の情報
    • 特に内科・外科などの治療
  4. 通所者情報の確認
    • 身体状況や生活の様子をお聞きします。
  5. 通所判定(3日程度お時間をいただきます)
  6. 通所決定

利用料金ついて

医療負担

各種健康保険が利用可能です。それぞれの医療保険や通所日数によって異なりますが、おおむね下記の通りになります。(平成25年4月現在)

例)1割負担の場合(後期高齢者医療、自立支援医療、重度心身障害者医療など)

※医師の診察やお薬の処方、検査は別途医療費負担があります。

※同じ月に同じ医療機関に支払った医療負担額が限度額を超えたとき、申請により超えた分が高額療養費として支給されます。

医療外負担

各種制度の利用や手続きについてはご相談下さい。

リハビリメニュー

午前は集団で活動をしており、体操と音楽を行なっている。

内容としては、体操は身体機能の維持やリフレッシュなどを目的として、体を動かしたりしています。音楽は当時のことを思い出したり、歌う事で呼吸器の維持などがあり、童謡を歌ったり、歌謡曲を聴いたりしています。

午後はそれぞれ個別の活動で、手芸・創作・軽作業といったものを行なっています。利用者の意思を確認しながら、なるべく希望に添えるものを提供しています。

週1回午後の時間にゲーム的要素を取り入れた活動を行なっています。風船バレーなど楽しみながら体を動かせる内容になっています。

年間で計画している季節行事もあり、およそ月1回のペースで開催しています。夏祭りやクリスマス会など季節感を感じてもらえるような内容です。

リハビリの様子

午前の活動はあまり席を移動しなくても参加できるように行なっています。作業療法士がリーダーを行っており、集団の運営をしています。そのほかに周囲にスタッフを配置しており、離れたところのフォローをしています。

午後は3種類の活動をしており、必ず1名スタッフがついています。手芸は裁縫やネット手芸など行なっています。創作はその季節に合ったカレンダーや飾りなど作成しています。軽作業はデイケア内で使用しているおしぼりやタオルたたみなど行なっています。

出来るところは最大限利用者にしてもらい、内容として難しいところや出来ないところなどサポートしています。

活動には必ず参加しなくてもよく、そのときの体調に合わせて休んだり、見学だけでも結構です。

スタッフより

医師、作業療法士、看護師、精神保健福祉士、ケアワーカー、それぞれの専門の職種を生かし、お年寄り一人一人の個性を大切に「ほっとする」「やすらげる」場でありたいと思っています。住み慣れた地域と家で家族と共に過ごしていける様、ご家族の声も大切にします。一日の始まりを明るい笑顔で始められるよう、元気に皆様をお迎えします。是非一度お越し下さい。

連絡先

祝日を除く毎日(午前 9時00分~午後 4時00分)

023-672-2850