menu

病院の概要

当院は、昭和31年、歌人、斎藤茂吉のふるさと蔵王連邦の四季が一望できる地に、初代理事長が「豊かな田園の中で地域と共存できる病院」を掲げ、山形脳病院(現、山形さくら町病院)の分院とし開設された。

昭和40年代後半より病院をあげて開放化に取り組み。治療環境の見直し、民主的人間関係づくり、医療活動の再構築、そして地域社会との関係見直し連携強化を図ってきた。

昭和50年代後半から今日まで、第1次・2次病院整備計画を経てアメニティー機能の向上と専門病棟・専門外来の充実。精神科作業療法、精神科デイケア、重度認知症患者デイケア、グループホーム、訪問看護ステーション、居宅介護支援事業所等々、リハビリ機能、地域生活支援の充実を図り、活発なチーム医療の実践と、「地域精神医療を担う中核病院」として、地域の皆様の信頼・期待に答えるべく総合的な精神医療を展開している。

名称 社会医療法人二本松会かみのやま病院
開設 昭和31年9月17日
所在地 山形県上山市金谷字下河原1370
開設者 理事長 峯田武興
管理者 院 長 田所稔
電話
FAX
023-672-2551
023-673-2156
標榜診療科目 ・精神科
・心療内科
・内科
許可病床数 354床
承認基準 精神病棟入院基本料 15:1
精神科急性期治療病棟Ⅰ
認知症病棟Ⅰ
精神科作業療法
精神科デイケアセンター(大規模 61名)
重度認知症患者デイケアセンター(2単位 50名)
訪問看護ステーション
居宅介護支援事業所
指定等 精神科救急医療施設
山形県精神科応急入院指定病院
協力型臨床研修病院
関連施設 共同生活援助事業(グループホーム)「あすなろの家」
関係施設 山形さくら町病院
地域活動支援センター「おーる」

建物構成

病院案内 ダウンロード

入院パンフレット_ダウンロード病院案内
ダウンロード(2380Kb)
※アナログ回線等ではダウンロードに時間がかかる場合がございます。

Acrobat Readerはコチラをクリックしてください。
Adobe Reader