menu

理念と基本方針

理念

人間愛にもとづき個人を尊重する医療を実践します。

基本方針

  1. ご利用者本位の医療を通して地域社会に貢献します。
  2. 人材の育成を図り、働きがいのある職場をつくります。
  3. 安定した経営を行います。

患者様への配慮

  1. 病気による差別を受けない権利があります。
  2. 公平に最適な医療・サービスを受ける権利があります。
  3. ご自分の診断・治療・見通しについて説明を受ける権利があります。
  4. 治療にさいして、自己決定と行動の自由を最大限に保持する権利があります。
  5. ご自分の治療やサービス以外の目的で、個人的な事柄を他に漏らされない権利があります。
  6. ご自分の診療記録の開示を受ける権利があります。

職業倫理

  1. 病院の公共的使命を自覚し、全力を挙げて職務に専念します。
  2. ご利用者の基本的人権を尊重し、その秘密を守ります。
  3. ご利用者に対して、親切、公平を旨とし、言動に細心の注意を払い、相手の理解に努め、その信頼を得るように努めます。
  4. 職務を遂行するにあたり、法令と病院諸規定を遵守します。
  5. 専門的技量の向上に努めます。

臨床倫理

  1. 治療が必要と判断した場合、最適の医療・サービスを提供するようにつとめます。
  2. 病気や治療に対する患者さんの意思を把握し、最大限に尊重するようにつとめます。
  3. 患者さんの判断能力が低下している場合も、「精神保健及び精神障害者福祉に関する法律」に則って合法的に対処します。患者さんの自己決定権を最大限に尊重し、行動の制限を最小限にするようつとめます。
  4. 予め自分の治療方針に対する意思を表明していた患者さんがその後、意思表示能力を欠いた場合、本人の意思を尊重します。その際は、家族などによって代理決定を行っていただきます。
  5. 当事者たる患者さんやご家族に説明して同意を得られない限り、臨床研究を行いません。
  6. 倫理的な問題が発生した場合は、倫理委員会の決定に従った医療を提供します。