menu
かみのやま病院について

病院長あいさつ

かみのやま病院 病院長 田所 稔

写真_病院長当院は、昭和31(1956)年、「田園風景の中で地域と共存できる病院」を理念に、精神科リハビリテーションと地域精神科医療をめざし設立されました。窓からは目の前に雄大な蔵王連峰、遠くには霊峰月山を望むことができます。近くには母なる川最上川へと続く須川が流れ、白鷺が舞い、鴨がのんびりと戯れています。四季を五感で感じることのできるこの地は、歌人であり精神科医であった斎藤茂吉のふるさとでもあります。

全国でもいち早く病棟の開放医療や精神科作業療法が進められ、医師と高度な精神科看護教育を受けた看護師はもとより、公認心理師による心理カウンセリングや精神保健福祉士による福祉サービス、薬剤師による服薬指導、管理栄養士による栄養指導、訪問看護による生活支援など全職員が協働し皆さまの治療と支援を担当させていただいております。

心の病気には周囲にはわかりづらくその苦しさが伝わりにくいという特徴があります。ご本人ひとり、あるいはご家族様だけで苦しまれている方も少なからずいらっしゃるのではないかと思います。当院では、人と人とのつながりと優しさをモットーに患者様中心の医療を展開してまいりました。また昨今増加している認知症のケアにも、ご本人はもとよりご家族様にもご満足いただけますよう努め今日を迎えております。

平成29(2017)年には、正面玄関を含む外来棟や急性期治療病棟等が新しくなりました。また病院名も上山病院から「かみのやま病院」へと改名しました。明るく広々としたアメニティーと全職員の優しさをもって、老舗の精神科医療で培ってきた当院のノウハウを皆さまへ提供できるようさらに努力してまいります。