menu
かみのやま病院について

病院長あいさつ

病院長 江口 拓也

写真_病院長2008年秋に始まった未曾有の世界的な経済危機は人々の生活を脅かし、職を失う方や住む家を失う方など暗いニュースが連日報じられております。このような不安は、家庭内で職場で人の"こころ"に悪い影響を与えています。そのような辛い状況から精神的に支障をきたしている方。そのような人を見てどうしたら良いか分らないご家族や職場の方。
当院は、そういう方たちのお役に立つことを目的にしております。

外来・入院診療はもとより、相談、デイケア、在宅生活の支援にも力を入れております。

初めから受診することが難しい場合、まず、医療福祉相談室に電話をいただきたいと思います。ただし、より適切だと思う他の社会資源の利用をお勧めすることもあるかも知れません。

当院は、山形市立病院の協力病院として臨床研修医を、又、看護師・精神保健福祉士・作業療法士の養成機関から多くの実習生を受け入れています。医師に関しては、精神保健指定医はもとより精神神経学会専門医の資格を取得できる条件が整っています。蔵王の山に抱かれた、自然豊かな環境の中で研鑽を積み重ねたい方には最適と思います。